カテゴリー別アーカイブ: ホラー/スリラー

バニーマン 鮮血のチェーンソー/BUNNYMAN

【ストーリー】2011年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。ウサギの着ぐるみを着た男がチェーンソー片手に殺戮を繰り広げるホラー。監督は、カール・リンドバーグ。ラスベガスに向かう3組のカップル。南カリフォルニアのとある地点で、同じ道を急ぐトラックと抜きつ抜かれつのドライブとなった。トラックの運転手を怒らせたのか、後ろから追突される彼らの車。一度はトラックをかわしたが、車は故障してストップすることに。ひとりの男性が車の下に潜り込み修理を試みると、無謀にもさっきのトラックが突っ込んできた。第一の犠牲者が出てしまう。トラックから現れたのは、ウサギの着ぐるみを来た男。果たして彼らは、バニー... (続きを読む)

呪怨 -終わりの始まり-

【ストーリー】劇場公開、2014年6月28日。肌が粟立つ、恐怖の極点。清水崇監督が生み出したジャパニーズ・ホラーの代名詞、『呪怨』シリーズに連なる一作で、同シリーズの恐怖のアイコンである佐伯伽椰子と俊雄がもたらす新たな恐怖を描くホラー。主演は、ホラー映画初挑戦となる佐々木希。『感染』、『シャッター』の落合正幸監督がメガホンをとる。小学校3年生の学級担任を急遽務めることになった結衣は、不登校を続けている生徒・佐伯俊雄の自宅を訪問する。しかし、その日をきっかけに、彼女の身に不可解な現象が起こり始める。その家は、足を踏み入れたもの全てが奇妙な死を遂げる呪われた家だった。少しずつ明らか... (続きを読む)

ブラッド・インフェルノ/WHAT THE WATERS LEFT BEHIND

【ストーリー】劇場公開、2018年7月14日。廃墟の町を舞台に、真に迫った殺人描写や言いようのない恐怖が膨れ上がっていくさまを描き、2017年のシッチェス・カタロニア国際映画祭で監督賞を受賞したほか、世界各地の映画祭で評判を呼んだアルゼンチン製スラッシャー・ホラー。監督は、アルゼンチンの新鋭、ルシアーノ・オネッティ&ニコラス・オネッティ。洪水で廃墟となった町に、映画の撮影のため車でやってきたカーラをはじめとした6人の若者たち。しかし、途中で車が立ち往生してしまい、仲間が最寄りのガソリンスタンドまで助けを呼びに行っているあいだ、カーラは2人の仲間とともに3人で、撮影のため墓地へ向... (続きを読む)

ファイナル・デッドブリッジ/FINAL DESTINATION 5

【ストーリー】劇場公開、2011年10月1日。R18+指定作品。決して逃れることのできない死の運命に翻弄される若者たちの姿を、ショッキングシーン満載に描いた人気ホラー、『ファイナル・デスティネーション』シリーズ第5作。同僚たちと研修旅行に向かった製紙会社に勤めるサム。乗り込んだチャーターバスが巨大つり橋にさしかかったとき、彼はつり橋が崩落するというリアルなヴィジョンを見る。サムが我にかえった直後、橋が崩壊し始め、彼が危険を告げたおかげで8人の社員が生き残った。しかし、事故犠牲者の葬儀に現れた謎の男から、死は決して騙されないと告げられ、8人はサムの見たヴィジョン通りに次々と予測不... (続きを読む)

ザ・デッド:インディア/THE DEAD 2: INDIA

【ストーリー】劇場公開、2015年1月10日。今度の舞台は、インド。12億の人口大国が、地獄絵と化す! 『ゾンビ大陸 アフリカン』に続いて、ハワード・J・フォード&ジョナサン・フォード兄弟が監督を務めたサバイバル・ゾンビ・ホラー。ゾンビの大量発生でパニックに陥ったインドを舞台に、500kmの彼方へ恋人の救出に向かったアメリカン人エンジニアのサバイバルを描く。2015年1~2月、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の、「未体験ゾーンの映画たち 2015」上映作品。アフリカでゾンビに腕を噛まれた1人の男性が船でムンバイにたどり着き、街から郊外へとゾンビウィルスが拡散する。郊外で... (続きを読む)

フローズン・ライター/BELOW ZERO

【ストーリー】2011年カナダ製作、日本劇場未公開作品。R15+指定作品。閉ざされた冷凍庫、マイナス22℃、極限状態。恐怖さえも凍りつく。『ターミネーター2』のエドワード・ファーロング主演でおくる究極の体感シチュエーション・スリラー。監督は、ジャスティン・トーマス・オステンセン。ホラー作家のジャックは、締め切りが迫っているにも関わらずアイデアが浮かばず、スランプ状態に陥っていた。そこで、自らを追い詰めるために、古びた精肉工場の冷凍庫を借りて閉じこもることに。初めは、冷凍庫を管理する精肉店の主人が彼の行動を監視するなど、怪しい行動が気になりはしたが、物語と同じ環境に入り、凍死の恐... (続きを読む)

悪魔が棲む家666/THE DEVIL’S HAND

【ストーリー】2014年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。6月6日、6人の女児が続けて誕生。予言では、最後に生き残ったひとりが悪魔の手先になるという。厳格なカルト宗教集団を舞台にしたオカルト・ホラー。監督は、クリスチャン・E・クリスチャンセン。『イントゥ・ザ・ストーム』のアリシア・デブナム=ケアリー、『パージ』のアデレイド・ケインら、今後期待の若手女優たちの競演に加え、宗教集団の長老に扮したコルム・ミーニイの熱演も見もの。1994年6月6日、米ペンシルベニア州ニュー・ベツレヘム。信者たちのみで禁欲的な共同生活を送る某カルト宗教集団で、6人の女児が立て続けに誕生。集団の長年の言い... (続きを読む)

ショッカー/SHOCKER

【ストーリー】電気のあるところならどこへでも。鬼才ウェス・クレイブン監督が、『エルム街の悪夢』のフレディに続いて生み出した殺人キャラ、ピンカーの恐怖を描いたホラー。ジョナサンは、養母と妹、それに弟が殺された夜、犯人の姿を夢で予知した。それを聞いた養父のパーカー警部は、半信半疑ながら、犯人だというTV修理屋ピンカーの家に向かう。ところが、ピンカーは警官を惨殺してまんまと逃げ去ってしまう。第2、第3の殺人が起き、ジョナサンのガールフレンドのアリソンまでも犠牲に。ジョナサンは、再び予知夢によってピンカーの居所を突き止め、よくやく逮捕することができた。ピンカーは、電気イスで死刑となるが... (続きを読む)

スピーシーズ 種の起源/SPECIES

【ストーリー】地球外生物のDNAと人類のDNAの結合により生まれてきた少女が、次々と若い男性を捕食していく恐怖を、エロティシズムを強調して描いたSFスリラー。監督は、ロジャー・ドナルドソン。1974年、人類は地球外生命体を求め宇宙に向けて信号を送った。そして20年後、思いがけない返信が来る。遠い宇宙の彼方の知的生命体は、遺伝子の基であるDNAの不思議な配列を返信していた。フィッチ率いる科学者グループは、秘密研究所で謎のDNAと人類のDNAを結合させる極秘実験を行う。DNAを注入された卵子は、わずか数週間で女性の胎児、そして赤ん坊から少女へと成長を遂げた。科学者たちは彼女をシルと... (続きを読む)

ハロウィン(2018)/HALLOWEEN

【ストーリー】劇場公開、2019年4月。1978年制作のジョン・カーペンター監督による名作、『ハロウィン』の40年後を描くショッキング・ホラー。78年版でローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスが再び同役を務める。ジョン・カーペンターが製作総指揮のほか音楽も担当し、『ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた』のデビッド・ゴードン・グリーンがメガホンをとった。ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺人事件の真相を調べていた。犯人のブギーマンことマイケル・マイヤーズは、事件後ひと言も話さず、動機や感情は一切不明。事件の唯一の生き残りであるロ... (続きを読む)

ファンハウス/THE FUNHOUSE MASSACRE

【ストーリー】2015年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。そこは、殺人さえもアトラクションにする恐怖のお化け屋敷。『エルム街の悪夢』のロバート・イングランド主演によるホラー。監督は、アンディ・パーマー。世間がハロウィンシーズンで盛り上がる中、ステーツヴィル精神病棟に収容されていた6人のサイコパスが脱走。彼らが潜伏先に選んだのは、多くの若者たちが訪れ賑わいをみせている遊園地の中のお化け屋敷だった。何も知らずに遊びに来た能天気な若者たちを、本領を発揮したサイコパスたちが素敵な恐怖のパーティーで出迎える。天職とも言える場所で、次々に自分たちの欲望を満たしていくサイコパスたち。果たして... (続きを読む)

スガラムルディの魔女/WITCHING AND BITCHING

【ストーリー】劇場公開、2014年11月22日。R15+指定作品。第67回ベネチア国際映画祭で監督賞と脚本賞を受賞した、『気狂いピエロの決闘』などで知られるスペインの鬼才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督が、魔女伝説が伝えられるスペインの田舎町スガラムルディを舞台に、人食い魔女と人間たちの壮絶な戦いを描いたサスペンス・ホラー。イエス・キリストや兵士といった格好をし、コスプレ大道芸人に成り済ました5人組の強盗団は、白昼のマドリードで宝飾品店の襲撃に成功する。通りかかったタクシーの運転手を脅して逃走を企てた強盗団だが、追ってくるパトカーを巻こうとして道に迷ってしまい、かつて魔女が火... (続きを読む)

ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m