カテゴリー別アーカイブ: ホラー/スリラー

オートマタ/AUTOMATA

【ストーリー】劇場公開、2016年3月5日。人類の終焉、人工知能の時代が始まる。人類が衰退した近未来の地球を舞台に、高度に発達した人工知能(AI)と人間の緊張関係の高まりが引き起こす恐るべき事件の顛末を描いたSFサスペンス。。監督は、『シャッター ラビリンス』のゲイブ・イバネス。2044年、深刻な環境破壊によって文明が崩壊した地球。人類は生き残りをかけて、最新鋭のロボット、オートマタ・ピルグリム7000を開発した。ロボット製造会社ROCの保険調査員ジャック(アントニオ・バンデラス)は、“ロボットはどんな生物にも危害を加えてはいけない”、“自身や他のロボットにいかなる改造も施して... (続きを読む)

ABC・オブ・デス/THE ABCS OF DEATH

【ストーリー】劇場公開、2013年7月20日。R18+指定作品。世界15カ国から選抜された26人の監督によるオムニバス・ホラー。それぞれが与えられたアルファベット1文字から、死をテーマに5分間の短編を製作。日本からは、『片腕マシンガール』の井口昇監督、『地獄甲子園 BATTLE FIELD STADIUM』の山口雄大監督、『東京残酷警察』の西村喜廣監督が参加。「アポカリプス」: ベッド上の初老の男の喉に、いきなり妻が包丁を突きたてる。そして、外の世界では喧騒が。「ビッグフット」: 早く寝ないと雪男が襲ってくる。必死に羊を数える少女の目の前に広がる悪夢とは。「サイクル」: 穏やか... (続きを読む)

女子高生ゾンビ

【ストーリー】劇場公開、2010年3月20日。赤眼の女子高生ゾンビハンター、斬って斬って斬りまくる。ある宿命を背負うヒロインが、ゾンビと化した女子高生たちとの死闘を繰り広げるアクション・ホラー。連続殺人事件と首切り女の噂で持ちきりのとある街。同級生も行方不明になっていたが、それもただの噂だと全く信じない女子高生のミサキ(梶原麻莉子)。しかし、1本の電話がそんな考えを一変させることに。「首切り女がアタシを狙っている」と、洋子はそう言い残し電話は切れた。洋子を捜しまわるミサキの前に、突如ゾンビの群れが現れる。絶対絶命の危機に聞こえた鈴の音の響き。瞬く間にゾンビを斬り倒し、闇の中から... (続きを読む)

そのネズミ、凶暴につき/TORMENT

【ストーリー】2013年カナダ製作、日本劇場未公開作品。『REC レック』のプロデューサーが仕掛ける衝撃の猟奇ホラー。監督は、ジョーダン・バーカー。幼くして母親を亡くしたリアム(ピーター・ダクーニャ)は、再婚したばかりの父親コーリー(ロビン・ダン)と継母のサラ(キャサリン・イザベル)とともに、田舎にある別荘を訪れる。これが新しい家族を始めるための第一歩となるはずだったが、実母を忘れられないリアムは、何かとサラにつらく当たtり、未だにわだかまりのある状態が続いていた。そんな時、一家の不在中に何者かが別荘を無断で使っていたことが発覚。警察の捜査の結果、危険はないことが判明したため、... (続きを読む)

アックス・ジャイアント/AXE GIANT: THE WRATH OF PAUL BUNYAN

【ストーリー】2013年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。巨大な斧を持つ謎の巨人が現代に蘇り暴れ狂うモンスター・パニック・アクション。監督は、ゲイリー・ジョーンズ。犯罪者厚生プログラムの一環として、山奥に連れて来られた若者たち。鬼教官の厳しい指導に耐えかね、彼らは脱走を図る。しかし、その森には、恐ろしいモンスターが潜んでいた。巨大な斧を持つ6メートルを超える巨人。ヤツは、地元で古くから語り継がれてきた、樵の姿をした巨人ポール・バニヤンなのか? 巨大な体から振り落とされる斧の前に、次々と彼らは命を落としていく。果たして彼らは、生きてその土地から脱出することが出来るのか? そして、... (続きを読む)

呪怨 -ザ・ファイナル-

【ストーリー】劇場公開、2015年6月20日。清水崇監督が生み出したビデオシリーズを皮切りに、過去に国内外で10作が製作された人気ホラー・シリーズ。14年公開の『呪怨 終わりの始まり』の続編となり、佐々木希演じる小学校教師・結衣の消息を追う姉・麻衣を平愛梨が演じる。前作に引き続き、ホラー作品を得意とする落合正幸が監督を務める。小学校教師をしている妹の結衣が失踪してしまった麻衣は、妹が失踪前に佐伯俊雄という不登校児の家を頻繁に訪れていたことを知る。何か手がかりがつかめないかと佐伯家を訪れた麻衣だったが、すでにそこに家はなく、空き地になっていた。不動産屋に佐伯家は呪いの家だと聞かさ... (続きを読む)

Andhadhun(原題)/Andhadhun

【ストーリー】インド公開、2018年10月5日。日本公開未定。『エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ』のシュリラーム・ラガヴァン監督が、盲目のピアニストを主人公に、殺人を含む事件を扱いながらもブラックユーモアを交えておくるクライム・スリラー。アーカーシュ(アーユシュマーン・クラーナー)は、盲目のピアニストとしてひっそりと暮らしている。外出時には、杖にサングラス。しかし、近所の子供たちはアーカーシュが本当に盲目なのか疑い、いろいろと試すがアーカーシュはひっかからない。ある日、アーカーシュは通りを走ってきたスクーターに衝突され、運転していたソフィー(ラーディカー・アープテー)... (続きを読む)

イグジスツ 遭遇/EXISTS

【ストーリー】劇場公開、2015年5月16日。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のエドゥアルド・サンチェスが監督を務め、未確認生物の恐怖を描くPOV式(主観映像)のモンスター・パニック・スリラー。新宿シネマカリテの特集企画、「カリコレ2015 カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」(15年5月16日~6月26日)上映作品。5人の若者たちは、テキサスのビッグ・シキット国立保護区で夏休みの週末を過ごそうと真っ暗な夜の林道を運転中に、突如、車で何かを轢いた衝撃が走る。暗闇の中、調べてみても車に付着した血の付いた動物の毛の他には何も見当たらなかった。彼らは気にすること... (続きを読む)

シタデル/CITADEL

【ストーリー】2012年アイルランド/イギリス製作、日本劇場未公開作品。恐怖は見える。短編作品を手がけてきたキアラン・フォイ監督が、自身の経験をもとにおくるサスペンス・ホラー。荒れ果てた郊外の街エデンズタウンに住む、トミーとジョアンの夫婦。ある日、トミーの目の前で、妊娠中のジョアンが謎の集団に襲われ、帰らぬ人となってしまう。おなかの子供は助かったものの、それ以来、トミーは精神のバランスを崩し、外に出ると凄まじい恐怖感を覚えるようになった。そんな中、エルサと名付けられた愛娘が同じ集団に誘拐される。トミーは、変人と呼ばれる神父と盲目の少年ダニーの助けを得て、エルサを救い出すために廃... (続きを読む)

渇き/THIRST

【ストーリー】劇場公開、2010年2月27日。R15+指定作品。この愛、赦し給え。パク・チャヌク監督、ソン・ガンホ主演によるスリラー。人体実験によってバンパイアになった牧師と人妻との禁断の情事を、叙情的かつ暴力的に描く。アフリカで極秘に行われた致死率100%のウイルスに対するワクチン開発に、自ら実験台として参加したカトリッのク神父サンヒョン。ほどなく発病し、命を落としたかに思われたサンヒョンだったが、得体の知れない血液を輸血され奇跡的に生き返る。だが、そのせいでバンパイアとなってしまったサンヒョン。帰国した彼は、幼なじみの幼なじみのガンウと再会し、そこで一家に虐げられているガン... (続きを読む)

ベルベット・バズソー:血塗られたギャラリー/VELVET BUZZSAW

【ストーリー】2019年2月1日から、Netflixで配信。『ナイトクローラー』のダン・ギルロイ監督とジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソが再びタッグを組んでおくる芸術界を舞台にしたサスペンス・スリラー。ロサンゼルスのアート業界では、画廊の商売人たちは如何にして絵を高く売りつけるかということばかり考えていた。そんな彼らにとって、絵の価値が分からないのに良い絵を買おうとする金持ちはカモでしかなかった。商売人たちはスノッブを上客として扱いつつも、心の底では軽蔑していたのである。ジョセフィーナは、そんな世界に飛び込んだばかりだった。ある日、ジョセフィーナは、偶然にも素晴らしい絵の数々... (続きを読む)

ヘンゼルとグレーテル/HANSEL AND GRETEL

【ストーリー】日本劇場未公開作品。グリム童話をモチーフにしたファンタジック・ホラー。監督は、イム・ピルソン。山道を走る車の中。右手に握った携帯電話から前方へと視線を移したウンスは、路上に横たわる何かを見つけ慌ててハンドルを切った。しかし、車はコントロールを失い、路肩の木に激突。車を捨てて森の中を彷徨ううち、ウンスは気を失ってしまうのだった。しばらくして意識を取り戻した彼は、赤いケープを纏ってランタンを提げ、恐る恐るこちらをうかがっている少女の姿を目にする。ヨンヒと名乗った彼女に導かれるように森を進むウンス。やがて2人は、古めかしい洋館に辿り着く。幸福なる子どもたちの館、そこでウ... (続きを読む)

ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m