カテゴリー別アーカイブ: 洋画

ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2012年5月26日。ウディ・アレン監督がおくるファンタジー・コメディ。現実逃避がちな主人公が現代から1920年代のパリへタイムスリップし、ヘミングウェイやピカソらと遭遇する様を幻想的な映像とともに描き出す。フィアンセのイネスと、その両親と共にパリを訪れていた脚本家のギルは、小説を書きたいという情熱からパリの街がもたらすインスピレーションへの期待を抱いていた。しかし、イネスの両親との価値観の違いや、彼女のかつての恋人と偶然出会ってしまったことで、ギルは居心地の悪さを感じ始める。ある晩、イネスたちと別行動をして道に迷ったギルは、深夜を告げる鐘の音と共に通り... (続きを読む)

隻眼の虎/THE TIGER

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2016年10月1日。殺戮だけが本能か。『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシクと、『蜜のあわれ』の大杉漣という日韓のベテラン俳優が共演し、『新しき世界』の鬼才パク・フンジョン監督が朝鮮最後の虎と人間の死闘を描く歴史スペクタクル・アクション。1925年、険しい智異(チリ)山の奥深くに息子と暮らすチョン・マンドク(チェ・ミンシクは、かつて朝鮮最高の猟師と言われながら、ある事件を境に銃を捨ててしまっていた。その頃、地元の猟師たちは、軍主導のもと害獣駆除を行っており、智異山の山の神や朝鮮虎の王様として畏れられている隻眼の虎を仕留めようと挑んでは、次々に命を落として... (続きを読む)

親愛なるきみへ/DEAR JOHN

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2011年9月23日。その2週間は、永遠になった。『きみに読む物語』で知られるニコラス・スパークス原作のベストセラー(邦題:きみを想う夜空に)を、チャニング・テイタムとアマンダ・セイフライド主演で名匠ラッセ・ハルストレムが映画化した珠玉のラブ・ストーリー。兵役中でなかなか会えない中でも、手紙を通じて愛を育む若い男女が辿る切ない運命を描き出す。ドイツ駐在の特殊部隊兵士ジョン(チャニング・テイタム)は、アメリカへ帰郷中、海に落ちたバッグを拾ったことがきっかけで、その地を訪れていた大学生サヴァナ(アマンダ・セイフライド)と出会う。2人はすぐに恋に落ちるが、サヴ... (続きを読む)

メン・イン・ブラック3/MEN IN BLACK III

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2012年5月25日。地球に生息する異星人を監視する極秘組織、MIBのエージョントの活躍を描く人気SFアクション・コメディのシリーズ第3弾。何者かによって改変されてしまった歴史を正すため、エージェントJが40年前にタイムスリップし、謎を解き明かそうとする。監督は、前2作に引き続き、バリー・ソネンフェルドが務める。これまで、コンビでエイリアンの監視にあたってきたMIBのJとKだったが、突如Kの行動に異変が。不審に思ったJは、やがて上司からKは40年前に亡くなったと告げられる。何者かによって、歴史が書き換えられてしまったのだった。そこでJは、40年前の世界に... (続きを読む)

ケネディ暗殺 (暗殺の検証と最後の2日間)

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】JFK暗殺、その最後の2日間の真実にせまるドキュメンタリー。1963年11月22日、テキサス州ダラスで、第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディが暗殺された。ケネディは、翌年の大統領選での再選に向けた選挙活動のためダラス遊説を決定したという。郊外のダラストレードセンターでのスピーチが目的であったが、人々に親しみやすさをアピールするために、パレードは空港からダウンタウンを通過するルートがとられた。そして、テキサス教科書倉庫ビルの南側に広がる緑地公園ディーリー・プラザに車がさしかかった現地時間12時30分、ケネディは頭部に銃弾を打ち込まれてしまうのである・・・。... (続きを読む)

昼間から呑む/DAYTIME DRINKING

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2011年5月7日。女に溺れ、酒に溺れる煩悩だらけの男一人旅を描くオフビートなコメディ・ロードムービー。監督は、これがデビュー作ながら、各方面から高い評価を受け一躍注目の存在となった韓国のノ・ヨンソク。ノ・ヨンソク監督が、撮影、編集、音楽など出演以外のほぼすべてをこなし、製作費約1000万ウォン(約100万円)という低予算で完成させた。彼女にフラれ、傷心のヒョクチンを慰める飲み会。酒が進むほどに場は盛り上がり、明日、皆で旅に出ようということになる。しかし翌日、待ち合わせ場所にやってきたのは、ヒョクチンだけ。途方に暮れるヒョクチンだったが、後から合流すると... (続きを読む)

裏切りの荒野/L’ UOMO, L’ ORGOGLIO, LA VENDETTA

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】『カルメン』を下敷きに、舞台もメキシコに設定されて製作された異色マカロニ・ウェスタン。監督は、ルイジ・バッツォーニ。クレジットに、「メリメ原作の『カルメン』を自由に脚色した」とうたっていることからも、マカロニの形をしたメロドラマとなっている。タバコ工場の警備をする軍曹のホセは、女工の娘カルメンの野性的な美しさに惹かれていた。ある日、気性の激しいカルメンが喧嘩し相手を傷つけたので、ホセは彼女を逮捕し、警察に連行しようとする。しかし言葉巧みにまるめこまれて、逃げられてしまった。責任をとわれて降格処分を受けた彼はある日、パーティの警護の際に会場で、フラメンコを踊るカルメ... (続きを読む)

フィフス・パッセンジャー/5TH PASSENGER

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】2018年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。『スター・ウォーズ』を手がけたスタッフと、『スター・トレック』シリーズのキャストが放つSFサバイバル・サスペンス。監督は、スコット・ベイカー。2151年の地球では、利益を享受する市民と人間扱いされない非市民で分けられ、熾烈な階級社会により荒廃していた。そんな地球を抜け出すべく、地球外の星を目指して乗り込んだ宇宙船で突然の爆発が起こる。定員4人の脱出ポッドで次々と脱出するが、最後の脱出ポッドに乗り込んだのは5人。限られた酸素をめぐって、市民と非市民の生き残りをかけた争いが始まる。さらに、謎の生命体が脱出ポッドに潜んでいて・... (続きを読む)

エヴァの告白/THE IMMIGRANT

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2014年2月14日。祈りは叶わず、希望はつぶされ、愛に裏切られ、ただ生きようとした。それが罪ですか? マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナーの豪華共演で、希望を抱いて新天地アメリカへと渡った女性が過酷な運命に翻弄され、それでも生きるためにある罪を犯してしまう姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、『リトル・オデッサ』、『裏切り者』のジェームズ・グレイ。自由の女神に迎えられると信じ、ニューヨークへ妹と2人で移住してきたエヴァ。しかし、妹とは引き離され、理不尽な理由で入国を拒否されてしまう。強制送還を待つエヴァに救いの手を差し出し... (続きを読む)

ベツレヘム 哀しみの凶弾/BETHLEHEM

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2014年9月27日。2013年、イスラエルのアカデミー賞と言われるオフィー賞で作品賞を受賞し、第86回米アカデミー外国語映画賞へイスラエル代表作品としてエントリーされたポリティカル・アクション。監督・脚本は、本作が長編1作目のユヴァル・アドラー。イスラエルのシークレット・サービス、ラジ(ツァヒ・ハレヴィ)は、情報屋としてパレスチナ人の少年サンフール(シャディ・マーリ)を使っている。サンフールは指名手配されている過激派組織の幹部イブラヒムの弟で、15歳の時に彼に接触したラジは、長い時間をかけて信頼関係を築き上げてきた。サンフールは17歳になり、ラジの要求... (続きを読む)

ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション/THE HUNGER GAMES: MOCKINGJAY – PART 2

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2015年11月20日。『ハンガー・ゲーム』、ここに完結! 近未来の地球を舞台に、戦うことを余儀なくされた少年少女を待ち受ける過酷な運命を描くスーザン・コリンズのベストセラー小説を、オスカー女優ジェニファー・ローレンス主演で映画化した全米大ヒット作、『ハンガー・ゲーム』シリーズの完結編。カットニス率いる第13地区の反乱軍は、ついにスノー大統領が支配する独裁国家との最終戦争に突入した。ゲイル、フィニック、そしてピータを従え、カットニスはスノー暗殺作戦を決行。しかし、一行は死のトラップや無数の敵に直面する。それはまさに、スノーが仕掛けた戦争という名のハンガー... (続きを読む)

おしゃべり魔法犬 ファン/VAMPIRE DOG

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】2012年カナダ製作、日本劇場未公開作品。ちょっとおかしな超人犬の活躍と、人前では全然イケてない内気な少年との固い友情を描いたファンタジー・アドベンチャー。監督は、ジェフ・アンダーソン。学校ではバカにされてばかりの内気な少年エース。そんな彼に、突然ルーマニアのトランシルバニアから祖父の形見の犬、ファンが送られてきた。見た目はごく普通の犬、でも2人きりになったとき、驚くべきことが起こる。なんとファンがエースにしゃべりかけてきたのだった。実は、ファンはもう500年も生きている魔法犬。しかも、超高速で移動したり、人を催眠術にかけて操るなど、超人的な力を持っていた。そんな... (続きを読む)

ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m