カテゴリー別アーカイブ: 洋画

ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2012年2月10日。誰がハリエットを殺した? スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラーを映画化したスウェーデン映画、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009)を、『セブン』、『ソーシャル・ネットワーク』のデビッド・フィンチャー監督がハリウッドリメイクしたミステリー・サスペンス。スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながらも、名誉棄損で敗訴したミカエル・プロムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)。意気消沈の日々を送っていた彼のもとに、ある日、スウェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)から家... (続きを読む)

グース/FLY AWAY HOME

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】『ピアノ・レッスン』でアカデミー助演女優賞に輝いたアンナ・パキン主演による可愛らしい動物ファンタジー。実話を基に脚色し、自然派監督キャロル・バラードがメガホンを取った。交通事故で母親を亡くしたエイミーは、10年ぶりに再会した別居中で彫刻家の父、トーマスと暮らすことに。ある日、森で親を失くしたグースの卵を見つけたエイミーは、父親に内緒で卵をふ化させる。その日から彼女は、16羽のグースのママとなり、忘れかけていた笑顔が彼女に戻りつつあった。しかし、冬になれば、越冬ためグースたちを南へと渡らせなければならない。やがて、トーマスが仲間と共に作り上げた超軽量飛行機が完成。こ... (続きを読む)

グリフターズ 詐欺師たち/THE GRIFTERS

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】世界の巨匠マーティン・スコセッシ製作、『ゲッタウェイ』で知られるノワール作家ジム・トンプスンの犯罪小説を、本作でアカデミー賞監督賞にノミネートされたスティーヴン・フリアーズが円熟の手腕でスタイリッシュに描写したサスペンス。詐欺を繰り返しながら生き抜こうとしていく男女を描く。リリーは、競馬場を渡り歩くノミ行為のプロフェッショナル。14歳の時に出産した息子ロイは、そんな母に愛想を尽かして家を出たが、結局は人の目をだまして小銭を稼ぐイカサマ稼業。その恋人マイラもまた、色じかけで男の金をオトす詐欺師だった。手口や生き方は違えども似たもの同士の3人は、互いの思惑を探るスリリ... (続きを読む)

アップサイドダウン 重力の恋人/UPSIDE DOWN

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2013年9月7日。アルゼンチンの巨匠フェルナンド・E・ソラナスの息子、フアン・ソラナス監督がおくるSFファンタジー・ロマンス。真逆の方向に引力が作用する不思議な惑星を舞台に、出会ってはいけなかった男女の運命的な恋が描かれる。太陽を周回し、真反対に引力が作用する双子惑星で、貧困層の住む下の世界の少年アダムは、富裕層が暮らす上の世界の少女エデンに恋をする。互いの世界を行き来することは固く禁じられていたが、2人は人里離れた丘で交流を深めていた。しかしある日、2人は一緒にいるところを見つかってしまい、上の世界の人間と交流した罪でアダムの家は焼き払われてしまう。... (続きを読む)

マリン・ボーイ/MARINE BOY

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】2010年8月~9月に開催の「韓流シネマ・フェスティバル2010」にて本邦初上映。生存率0%の危険な運搬! 『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』のキム・ガンウ主演、体内に麻薬を入れて海路で密輸する男たち、通称マリン・ボーイを題材に、ユン・ジョンソク監督が麻薬をめぐる裏社会の人々の攻防をスリルに描いたサスペンス・アクション。元国家代表の水泳選手チョンスは、南の島・パラオ島での生活を夢見ながら水泳のインストラクターとして堅実に働く日々を送っていた。だがある日、賭博場で一発逆転を狙った彼は、闇業者から莫大な借金を背負うハメに。そんな彼に目を付けたのが、麻... (続きを読む)

フィフス・エレメント/THE FIFTH ELEMENT

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】リュック・ベッソン監督、ブルース・ウィリス主演によるSFアクション。1914年、ナイルの地下神殿を調査していた考古学者は、壁画に書かれた絵から、火・水・土・風の4つの要素と、それに続く第5の要素の謎を解こうとしていたが、その前に突然宇宙船に乗った異星生物たちが現れた。彼らは4つの要素を象った石を手にすると、300年後に再びやって来る事を言い残して去っていく。そして、2214年の今、宇宙の彼方から巨大なエネルギー体が地球に接近しつつあった。神父コーネリアスは、それが地球を滅ぼす悪の生命体であること、それを退けるには300年前にも地球にやってきたモンドシャワン星人の持... (続きを読む)

ギャング・イン・L.A./FOR THE LOVE OF MONEY

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】2012年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。天使の街は今、汚れた血に染まる。エドワード・ファーロング、ジェームズ・カーンら実力派俳優が共演したギャング・アクション。監督は、エリー・カナー。イスラエルで、いとこのヨニと共に無邪気な毎日を送っているアイザック。しかし、ヨニの兄リーヴァイが銀行強盗したり、兄のエイブが賭博場で地元のチンピラ・トニーに銃で撃たれたりと、その周辺は徐々に危険な闇社会に巻き込まれ始める。逃げるように新天地・ロサンゼルスに渡り、一心に働くアイザックの元に、冷酷非情なL.A.ギャングの親玉、ミッキー・レヴィーンの影が忍び寄っていた。本人の意思とは裏... (続きを読む)

スモーキング・ハイ/PINEAPPLE EXPRESS

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】日本劇場未公開作品。『スパイダーマンTM』シリーズのジェームズ・フランコと、『40歳の童貞男』などで、今やハリウッドでキング・オブ・コメディと称されるセス・ローゲンが、体を張っておくるクライム・アクション・コメディ。監督は、デヴィッド・ゴードン・グリーン。マリファナ中毒の2人のダメ男が、ひょんなことから殺人事件の犯人に追われ、決死の逃避行を繰り広げる姿を描く。執行官の仕事をしているドジなデールは、24時間麻薬の売人をしているソールの上客。マリファナ中毒のデールは、ソールからパイナップル・エクスプレスという極上レアなマリファナを手に入れて大興奮。ところが、それを車中... (続きを読む)

移動都市 モータル・エンジン/MORTAL ENGINES

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2019年3月1日。『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』3部作のピーター・ジャクソンが製作・脚本を務め、イギリス作家フィリップ・リーブのベストセラー小説「移動都市」を映画化したSFアクション・アドベンチャー。ピーター・ジャクソンの『キング・コング』(05)で、第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リバースの長編初監督作品で、地上を這う巨大な移動型都市が、他の都市を喰う未来世界を描く。最終戦争から数百年の時が過ぎ、わずか残された人類は地を這う移動型の都市で生活することを余儀なくされた。巨大移動都市ロンドンは、都市同士が捕食しあう弱肉強... (続きを読む)

ペイチェック 消された記憶/PAYCHECK

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】『ブレードランナー』で有名なフィリップ・K・ディックの短編小説を、ジョン・ウー監督が映画化したSFサスペンス。情報化社会が進んだ近未来。コンピュータ・エンジニアのマイケル・ジェニングスは、数々のハイテク企業の極秘プロジェクトで荒稼ぎをしていた。しかし、報酬の代償は記憶の抹消。機密保持のため、仕事が完了する度にその間の記憶は消去される契約だった。そんなある日、ジェニングスはケタはずれの高額報酬で、ある巨大企業の仕事を引き受ける事になる。そして、3年後。仕事を終えた彼が手にしたのは、報酬を辞退する自筆サイン入りの誓約書と、19個のガラクタだけだった。いったい何があった... (続きを読む)

俺たち喧嘩スケーター2:最後のあがき/GOON: LAST OF THE ENFORCERS

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】2016年アメリカ製作、日本劇場未公開作品。『アメリカン・パイ』のショーン・ウィリアム・スコット主演によるスポ根ムービー第2弾。監督は前作同様、『フランキー・ワイルドの素晴らしき世界』のマイケル・ドース。医者の息子でありながら、喧嘩が強いこと以外に取り柄がなく、酒場の用心棒として暮らしていたダグは、友人と観戦しに行ったアイスホッケー試合での暴動ハプニングをきっかけに、なんとホッケーチームから乱闘要員としてスカウトされる。しかし、怪我と家族の事情が重なり、ホッケー選手は止む無く引退。だが、愛するチームの新キャプテンになったのが宿敵だと知った時、ダグは現役復帰を目指し... (続きを読む)

ワンダー 君は太陽/WONDER

カテゴリ:洋画 タグ:

【ストーリー】劇場公開、2018年6月15日。10歳で初めて学校へ行ったその日から、僕のワンダーな旅が始まった。R・J・パラシオの全米ベストセラー『ワンダー』を、『ルーム』のジェイコブ・トレンブレイ主演で映画化した感動のドラマ。顔に障害のある男の子が、10歳で初めて学校に通い、イジメや偏見にさらされながらも、家族の深い愛情と勇気に支えられて、少しずつ困難を乗り越えクラスメイトと友情を築いていく姿を描く。監督は、『ウォールフラワー』のスティーヴン・チョボスキー。顔に障害を抱え、27回も手術を受けている10歳の少年、オギー。一度も学校へ通わず、ずっと自宅学習を続けてきたが、母のイザ... (続きを読む)

ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m