ポゼッサー/POSSESSOR

ポゼッサー

【ストーリー】
2020年・第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門上映作品。デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子ブランドン・クローネンバーグ監督の長編2作目となる新感覚SFバイオレンス・スリラー。遠隔で人をコントロールし暗殺を実行する女と、人格を乗っ取られる男の攻防を鮮烈なビジュアルで描く。主演は、『オブリビオン』、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』のアンドレア・ライズボロー。特殊マシンを使って他人の脳を支配し、その体を操ってターゲットを抹殺する暗殺者のタシャ・ヴォス。次なるターゲットは大企業のCEO、ジョン・パースの暗殺。彼女はジョンに容易に近づける男コリン・テイトの脳をターゲットにするが、脳を支配したはずのコリンをコントロールできないという予想外の事態に陥ってしまい・・・。

【キャスト】
アンドレア・ライズボロー、クリストファー・アボット、タペンス・ミドルトン、ジェニファージェイソンリー、ショーン・ビーン、ロッシフ・サザーランド


映画を見る】【clipwatch字幕】 【aparat字幕】 【mixdrop字幕】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング
aparat字幕】 【aparat字幕】 【upstream字幕】 ※ clipwatch、aparat :(字幕:CCをON)