ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷/THE GRUDGE

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

【ストーリー】
劇場公開、2020年10月30日。『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』のサム・ライミが製作を担当し、清水崇監督が生み出した『呪怨』シリーズをアメリカで新たに映画化したホラー。謎めいた不審死をめぐる事件の解明に乗り出した刑事が、やがて日本のとある呪われた屋敷に端を発する恐るべき呪いの連鎖に巻き込まれていく戦慄の恐怖を描き出す。村上龍の原作を映画化した『ピアッシング』のニコラス・ペッシェ監督がメガホンをとる。森林地帯で腐敗した変死体が見つかったという一報を受け、マルドゥーン刑事はグッドマン刑事とともに現場へと駆けつける。遺された所持品から明らかとなった死体の住所“レイバーン通り44番地”は、2年前に起きた忌まわしい“ランダース事件”の現場だった。過去の事件と死体との関連性を疑い、ランダース事件の舞台となった屋敷を訪れたマルドゥーンは、そこでただならぬ存在の気配を感じる・・・。

【キャスト】
アンドレア・ライズボロー、デミアン・ビチル、ジョン・チョー、ベティ・ギルピン、リン・シェイ、ジャッキー・ウィーヴァー

映画を見る】【clipwatch字幕】 【aparat字幕】 【mixdrop字幕】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング
aparat字幕】 【vidia字幕】 【upstream字幕】 ※ clipwatch、aparat :(字幕:CCをON)