続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画/BORAT SUBSEQUENT MOVIEFILM

カテゴリ:洋画 タグ:
続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画

【ストーリー】
2020年アメリカ製作、日本未公開。英コメディ俳優サシャ・バロン・コーエンの出世作である『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2006)』の続編で、カザフスタンのテレビレポーターのボラットがアメリカ横断旅行を敢行し、行く先々で文化的な衝突を繰り返すという社会風刺コメディ。監督は、ジェイソン・ウォリナー。コーエンは当時無名の存在だったが、世界総興収2億6000万ドル超えの大ヒットを記録した。ボラットを演じるコーエンがアポなしで体当たりロケをするドキュメンタリースタイルで撮影されているため、劇中で面目を潰された人々が数々の訴訟を起こしたことでも知られる。アメリカ文化をリポートする番組制作のため、カザフスタンよりNYへやってきた突撃レポーターのボラットだが・・・。

【キャスト】
サシャ・バロン・コーエン、マリア・バカローヴァ

映画を見る】【clipwatch字幕】 【aparat字幕】 【mixdrop字幕】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング
aparat字幕】 【mixdrop字幕】 ※ clipwatch、aparat :(字幕:CCをON)