メアリーの総て/MARY SHELLEY

カテゴリ:洋画 タグ:
メアリーの総て

【ストーリー】
劇場公開、2018年12月15日。 「フランケンシュタイン」の著者、メアリー・シェリー18歳。英文学史上、最も若くしてセンセーショナルな人生を送った彼女の、胸を衝く真実。悲しき運命を背負った怪物の物語「フランケンシュタイン」を、わずか18歳で書き上げたイギリス人作家メアリー・シェリーの波乱に満ちた人生を描く伝記ドラマ。監督は、長編デビュー作『少女は自転車にのって』が、第86回アカデミー外国語映画賞にノミネートされたハイファ・アル=マンスール。折り合いの悪い継母と離れ、父の友人のもとで暮らし始めた作家を夢見るメアリーは、屋敷での読書会で“異端の天才詩人”と噂されるパーシーと出会う。彼には妻子がいたが、お互いの才能に強く惹かれた2人は駆け落ちし、やがてメアリーは女の子を産む。しかし、借金の取り立てから逃げる途中で娘が命を落とし、メアリーは失意の日々を過ごすことになる・・・。

【キャスト】
エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーヴン・ディレイン、ジョアンヌ・フロガット、ベン・ハーディ、メイジー・ウィリアムズ、ベル・パウリー

映画を見る】【clipwatch字幕】 【aparat字幕】 【mixdrop字幕】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング
clipwatch字幕】 ※ clipwatch、aparat :(字幕:CCをON)