炎の舞

カテゴリ:邦画 タグ:
炎の舞

【ストーリー】
太平洋戦争を背景に、狂おしいまでの激しい愛に生き、そして殉じた女と男を描く文芸ドラマ。原作は加茂菖子氏の、『執炎』で、1964年に日活で蔵原惟繕監督、浅丘ルリ子、伊丹一三主演で映画化されている。今作品の脚本は、『不毛地帯』の山田信夫氏と渋谷正行氏の共同執筆、監督は、『残照』の河崎義祐氏。水産学校を卒業した拓治は、山の奥に住む平家の落人村の娘・きよのと古い因習を破って結ばれた。しかし、2人の新婚生活は、戦争のために中断をよぎなくされた。戦局は激しくなり、拓治も負傷して送還されてきた。右足の損傷により、生命の危険にさらされた拓治は、きよのの看護で奇蹟的に回復した。水入らずで闘病生活をする2人に笑顔が戻る。拓治は昔ながらの体力を取り戻し、2人は狂ったように愛を確かめあうが、またしても拓治に赤紙が舞い込み・・・。

【キャスト】
山口百恵、三浦友和、細川俊夫、木暮実千代、能瀬慶子、荒木道子、有島一郎

映画を見る】【clipwatch】 【clipwatch】 【aparat】 【mixdrop】 【vidia】 【人気ブログランキング
動画を見る】 【ランキング】 【映画ランキング】 【FC2 Blog Ranking