輪違屋糸里 京女たちの幕末

カテゴリ:邦画 タグ:
輪違屋糸里 京女たちの幕末

【ストーリー】
劇場公開、2018年12月15日。『壬生義士伝』の浅田次郎が芹沢鴨暗殺事件の謎を女たちの視点から描いた『輪違屋糸里』を、『ソロモンの偽証』、『クリーピー 偽りの隣人』の藤野涼子主演で実写映画化。監督は、TV時代劇を中心に活躍する加島幹也。幕末。京都の花街にある島原輪違屋に身を置く天神・糸里(藤野涼子)は、新選組の土方歳三(溝端淳平)に淡い恋心を抱いている。そして糸里と親しい間柄である桔梗屋の芸妓・吉栄(松井玲奈)は同じく新選組芹澤鴨(塚本高史)の腹心・平山五郎(佐藤隆太)と恋仲にあった。この頃の新選組には近藤勇と芹澤鴨がともに局長として立ち、農家出身と武家出身の両者の間には超えられない壁があった。両派の対立が深まる中、芹澤鴨暗殺計画が持ち上がる。糸里や吉栄、そして芹澤の愛人・お梅(田畑智子)。新選組の志士たちを愛した三人は、男たちの抗争に翻弄されていく・・・。

【キャスト】
藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈、佐藤隆太、新妻聖子、石濱朗、榎木孝明、田畑智子、塚本高史

映画を見る】【clipwatch】 【aparat】 【mixdrop】 【dood】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング