遺体 明日への十日間

カテゴリ:邦画 タグ:
遺体 明日への十日間

【ストーリー】
劇場公開、2013年2月23日。彼らには、悲しむ時間さえ無かった。『誰も守ってくれない』の君塚良一監督が、石井光太氏のルポルタージュ、『遺体 震災、津波の果てに』を自ら脚本と監督を手がけて映画化した衝撃の実録ドラマ。2011年3月11日、日本の観測史上最大の地震により発生した津波が、岩手県釜石市を襲った。一夜明けても混乱状態が続く中、市では廃校となった旧釜石第二中学校の体育館が遺体安置所として使われることになった。次から次へと運ばれてくる遺体に、警察関係者や市の職員も戸惑いを隠せない。暖房もなく冷え切った体育館の中で、医師の下泉道夫や歯科医師の正木明たちが遺体の身元確認作業にあたることになるが・・・。

【キャスト】
西田敏行、緒形直人、勝地涼、國村隼、酒井若菜、佐藤浩市、佐野史郎、沢村一樹、志田未来、筒井道隆、柳葉敏郎

映画を見る】【clipwatch】 【aparat】 【mixdrop】 【vidia】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング