宮本武蔵(1954)

カテゴリ:洋画 タグ:
宮本武蔵(1954)

【ストーリー】
吉川英治の同名小説を劇作家の北条秀司が劇化したものを、『お祭り半次郎』の稲垣浩が『恋風街道』の若尾徳平とともに脚本化し、それをもとに稲垣自身がメガホンをとった時代劇3部作の第1作。若き日の稀代の剣豪を三船敏郎が豪快に演じ、アメリカのアカデミー賞で高い評価を受けた。関ヶ原の合戦に参加したが敗れ、山中をさまよう新免武蔵と本位田又八の2人は、朱実とその母お甲に救われる。野武士たちに襲われたところを武蔵に助けられたお甲は、彼に言い寄るがふられてしまい、腹いせに又八と夫婦になってしまう。役人に追われ山中に逃げ込んだ武蔵は、又八の許嫁であるお通と沢庵和尚に連れ出される。沢庵から大木に吊され、また天守閣に閉じこめられた武蔵は、文を学んでさらに強くなりたいと思うのだった・・・。

【キャスト】
三船敏郎、尾上九朗右衛門、三国連太郎、八千草薫、水戸光子、岡田茉莉子、三好栄子、平田昭彦、阿部九州男、小杉義男、加東大介、小沢栄、上山草人

映画を見る】【clipwatch】 【clipwatch】 【aparat】 【mixdrop】 【vidia】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング