イット・カムズ・アット・ナイト/IT COMES AT NIGHT

イット・カムズ・アット・ナイト

【ストーリー】
劇場公開日、2018年11月23日。長編デビュー作「Krisha」が高い評価を受けた新鋭トレイ・エドワード・シュルツ監督による注目のデビュー2作目となる衝撃の心理スリラー。謎の感染症の脅威から逃れるため、人里離れた場所で隔離生活を送る2組の家族の運命を緊張感溢れる筆致で描き出す。ポール(ジョエル・エドガートン)とその家族は、夜やってくる正体不明の“それ”から逃れるため、 森の中の一軒家に隠れ住んでいる。そこに、ウィル(クリストファー・アボット)と名乗る男とその家族が助けを求めてやって来る。ポールは“それ”が侵入しないように「夜入口の赤いドアは常にロックする」というこの家のルールを守ることを条件に、彼らを受け入れる。共同生活はうまく回っているように見えたが、ある夜、赤いドアが開け放たれていたことが発覚する。互いへの猜疑心と“それ”への恐怖が、2つの家族の本性を露わにしていく。ウィルたちは何者なのか? そして、彼らに迫る“それ”の正体とは・・・。

【キャスト】
ジョエル・エドガートン、クリストファー・アボット、カーメン・イジョゴ、ケルヴィン・ハリソン・Jr、グリフィン・ロバート・フォークナー、ライリー・キーオ

映画を見る】【clipwatch字幕】 【aparat字幕】 【mixdrop字幕】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング
clipwatch字幕】 【vidia字幕】 ※ clipwatch、aparat :(字幕:CCをON)