海辺の映画館 キネマの玉手箱

カテゴリ:邦画 タグ:
海辺の映画館 キネマの玉手箱

【ストーリー】
劇場公開、2020年7月31日。『時をかける少女(1983)』などの名匠・大林宣彦監督の遺作となったファンタジー・ドラマ。20年ぶりとなる故郷・尾道を舞台に、戦争映画のオールナイト上映をしていた海辺の映画館で、突然スクリーンの世界にタイムリープしてしまった3人の若者が、それぞれの時代を生きる人々との交流を重ねながら戦争の歴史を追体験していくさまを、エネルギッシュかつ自由奔放な筆致で描き出す。2019年の東京国際映画祭で上映されたが、劇場公開を前に大林監督は20年4月10日に他界、本作が遺作となった。尾道にある海辺の映画館「瀬戸内キネマ」の閉館に合わせ、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映が行われた。これを見ていた3人の青年は、突如劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンに映し出されている世界にタイムリープしてしまう。戦争の歴史を身をもって体験していく彼らは、やがて原爆投下前夜の広島にたどり着き、そこで移動劇団「桜隊」に出会う・・・。

【キャスト】
厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲、成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子、小林稔侍、尾美としのり、武田鉄矢、浅野忠信、伊藤歩、川上麻衣子、窪塚俊介、寺島咲、満島真之介

映画を見る】【clipwatch】 【mixdrop】 【vidia】 【dood】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング
clipwatch】 【mixdrop】 【waaw】 【upstream