サマー・オブ・84/SUMMER OF 84

サマー・オブ・84

【ストーリー】
劇場公開、2019年8月3日。長編デビュー作となる前作『ターボキッド』で世界的に注目されたカナダの3人組監督ユニット・RKSS(フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル)が、80年代オマージュ満載で贈るジュブナイル・サスペンス・スリラー。1984年のアメリカの郊外住宅地を舞台に、近隣で発生した連続殺人事件の犯人探しに夢中になる少年たちの危険な冒険を、ノスタルジックな筆致で描く。1984年、夏。オレゴン州イプスウィッチの緑豊かな郊外の住宅街で暮らす15歳のデイビー(グラハム・バーシャー)は、エイリアン、幽霊、猟奇犯罪などの記事の収集に余念がない好奇心旺盛な少年だった。近隣の町で同年代の子供たちが狙われる連続殺人事件が発生し、デイビーは向かいの家に住む警官マッキーが犯人ではないかと睨み、親友のイーツ(ジュダ・ルイス)、ウッディ(カレブ・エメリー)、ファラディ(コリー・グルーター=アンドリュー)とともに独自に捜査する。やがてデイビーの前に、彼の想像をはるかに超える恐ろしい現実が現れる・・・。 ヨアン=カール・ウィッセル

【キャスト】
グレアム・ヴァーシェール、ジュダ・ルイス、ケイレブ・エメリー、コリー・グルーター=アンドリュー、ティエラ・スコビー、リッチ・ソマー

映画を見る】【clipwatch字幕】 【mixdrop字幕】 【vidia字幕】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング
clipwatch字幕】 【clipwatch字幕】 【dood字幕】 ※ clipwatch :(字幕:CCをON)