絵の中のぼくの村 Village of Dreams

カテゴリ:邦画 タグ:
絵の中のぼくの村 Village of Dreams

【ストーリー】
絵本作家・田島征三の自伝的エッセイ『絵の中のぼくの村』(くもん出版刊)を、『橋のない川』の東陽一監督が映画化したファンタジックで郷愁あふれるドラマ。1996年度第46回のベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。主役の少年たちを、オーディションで選ばれた小学2年生の双子の兄弟が好演。夏の終わり、初めて合作する絵本の打ち合わせのために、絵本作家の田島征三が、双子の兄・田島征彦のアトリエを訪ねる。絵本は田舎の村で過ごした、ふたりの夢のような少年時代の物語だった。昭和23年、高知県のある田舎村、絵が好きで悪戯も好きな双子の征三と征彦は、教師をしている優しい母とめったに家に帰らない父、思春期の姉に囲まれ、自然の中を駆け回って暮らしていた。勉強もそっちのけでナマズを捕まえ、鳥と格闘する。自然は彼らを包み込み、川の中からは「相撲取ろう」という声が呼びかけ、村の守護神のような不思議な3人の老婆が大木の枝に座って、ふたりの行いをじっと見守る・・・。

【キャスト】
松山慶吾、松山翔吾、原田美枝子、長塚京三、小松方正、岩崎加根子、上田耕一

映画を見る】【vidia】 【clipwatch】 【onlystream】 【vidoza】 【ランキング
動画を見る】 【映画ランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング