戦争と一人の女

カテゴリ:邦画 タグ:
戦争と一人の女

【ストーリー】
劇場公開、2013年4月27日。R18+指定作品。坂口安吾の小説、『戦争と一人の女』、『続戦争と一人の女』を映画化した官能文芸ドラマ。太平洋戦争末期から終戦後の東京を舞台に、時代に翻弄された男女の交錯する運命を描く。戦争末期。時代に絶望し虚無に苛まれる飲んだくれの作家(永瀬正敏)は、自分の欲望に忠実な飲み屋の女将(江口のりこ)と刹那的に同棲を始める。だが、幼い頃に遊郭に売られたその女は、どんなに体を重ねても喜びを感じることはなかった。心と体に欠落を抱えた2人は、戦争が終わるまでやりまくろうかと、ただひたすらに相手の体を求め続ける。そんな中、中国戦線で右腕を失った男(村上淳)が、妻と幼い息子に迎えられ帰ってくる。しかし、男が失ったのは、腕だけではなかった・・・。

【キャスト】
江口のりこ、永瀬正敏、村上淳、柄本明、高尾祥子、大島葉子、酒向芳、川瀬陽太、佐野和宏、千葉美紅、牧野風子

映画を見る】【vidia】 【onlystream】 【clipwatch】 【ランキング
動画を見る】 【映画ランキング】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking
mixdrop】 【vidoza】 【jetload