赤線玉の井 ぬけられます

カテゴリ:邦画 タグ:
赤線玉の井 ぬけられます

【ストーリー】
肉をひさぐ女の哀愁が、どぶ板露地を吹きぬけていく。昭和33年の新春を迎え、いよいよ4月から売春防止法が施行されるという頃の東京、玉の井の特飲街に働く売春婦たちの哀歓を描くエロティック・ドラマ。R18+指定作品。原作は、清水一行の『赤線物語』。なお、タイトル画、風俗考証は、漫画家の滝田ゆうが担当。脚本・監督は、『青春の蹉跌』の神代辰巳。シマ子は、玉の井の特飲店・小福で働いている売春婦。。彼女はどういうわけか、刺青をしている男に弱くて、自分も太モモに花札の桜の刺青をしている。そして現在は、やくざの志波と馴染みを重ねている。新春を迎え、いよいよ4月1日から売春防止法が発令されることになった。公子は正月早々、下町のアパートに住む松田と結婚するために辞めた。昨年の正月に繁子が1日に26人の客をとったと聞いた直子は、13人を済ませたばかりだが、繁子の記録を破ろうと大張り切り。帳場の親父の話では、酔っぱらい相手にはまた火鉢で温めるのがいい、と聞かされた女たちは、早速、大火鉢に股がって肝心のところを温めて、客を相手にした・・・。

【キャスト】
宮下順子、蟹江敬三、清水国雄、前野霜一郎、河野弘、丘奈保美、織田俊彦、五条博、益岡信孝、高橋明、影山英俊、芹明香、古山義範 、伊豆見英輔

映画を見る】【vidia】 【clipwatch】 【vidoza】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング