団鬼六原作 鬼の花宴

カテゴリ:邦画 タグ:
団鬼六「鬼の花宴」

【ストーリー】
『花と蛇』、『紅薔薇夫人』など、数々のSM文学の名作を世に送り出してきた日本文学界の巨星・団鬼六の同名小説を羽生研司監督が映画化したエロティック・ドラマ。R18+指定作品。東京の地方新聞社「関東新聞」の営業部長・岡本には小説家という別の顔があり、自社の新聞に連載もしていた。家庭には美しく貞淑な妻・静代がいる。ある日、編集部に転職してきた久美子が声をかけてきた。妖しげな魅力の久美子に岡本は魅了されてしまい、いつしか許されぬ情事を重ねるようになる。彼女のアブノーマルな性癖も岡本にとっては新鮮で刺激的だった。久美子は関東新聞の大手広告主である新興宗教、崇徳教の教祖・吉岡のことを知りたがる。岡本は促されるまま崇徳教にまつわる過去のあるスキャンダルを彼女に話すが・・・。

【キャスト】
黄金咲ちひろ、松本亜璃沙、加治木均、宮路次郎、山本剛史、松浦祐也、佐野和宏

映画を見る】【verystream】 【verystream】 【onlystream】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング