函館珈琲

カテゴリ:邦画 タグ:
函館珈琲

【ストーリー】
劇場公開、2016年9月24日。ひとりぼっちの季節、この街で、やさしい時間に出会った。函館港イルミナシオン映画祭で、2013年度シナリオ大賞函館市長賞を受賞したシナリオを、オール函館ロケで映画した群像ドラマ。監督は、『ソウル・フラワー・トレイン』の西尾孔志。桧山役の黄川田将也、オーナー時子役の夏樹陽子のほか、片岡礼子、あがた森魚らが脇を固める。函館にある古い西洋風アパート翡翠館。ガラスを加工したとんぼ玉の職人、テディベア作家、ピンホールカメラの写真家、若い才能を後押するというオーナー萩原時子の意向から、翡翠館にはさまざまなアーティストたちが集っていた。空き部屋となっていた103号に東京から桧山英二がやってくる。翡翠館で古本屋を開くという桧山は、函館の短い夏を住人たちと過ごす中で自分自身を見つめ直し、自分が本当にやりたいのは古本屋ではないことに気がつく・・・。

【キャスト】
黄川田将也、片岡礼子、Azumi、中島トニー、あがた森魚、夏樹陽子

映画を見る】【verystream】 【onlystream】 【clipwatch】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング
verystream1/2】 【2/2】 【onlystream1/2】 【2/2