下流人生 ~愛こそすべて~/RAGING YEARS

カテゴリ:洋画 タグ:
下流人生 ~愛こそすべて~

【ストーリー】
『酔画仙』の巨匠イム・グォンテク監督が放つ壮大なヒューマン・ドラマ。韓国圧政時代と呼ばれた1950年代後半から70年代初頭の激動期を生き抜いた男の、波瀾に満ちた生涯を描く。韓流シネマ・フェスティバル2006上映作品。第2次世界大戦後、日本の植民地から解放された朝鮮半島は北と南に分割され、1950年に朝鮮戦争が勃発。そして、李承晩(イ・スンマン)大統領の独裁的な体制が始まり、反対運動が高まる1957年からこの物語は始まる。ある日、不良学生のテウンは弟分がやられた仕返しにひとりで隣の高校へと乗り込む。そこで、相手の番長らをなぎ倒すが、ひとりの生徒スンムンに後ろから太ももを刺されてしまう。スンウンの家へと乗り込むテウンは、そこで野党の政治家であるスンムンの父イルウォン、姉のヘオクの態度に共感する。やって来た警察は、スンウンを逮捕することで父も挙げようとするが、テウンは警察に訴えず、イルウォンに息子の立場として引き取られる。時代は流れ、テウンはヤクザの世界に生きていくことになるが・・・。

【キャスト】
チョ・スンウ、キム・ミンソン、コ・ハジュン、キ・ジュンス、イ・ヘヨン

映画を見る】【verystream字幕】 【clipwatch字幕】 【vidoza字幕】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m