きらきら眼鏡

カテゴリ:邦画 タグ:
きらきら眼鏡

【ストーリー】
劇場公開、2018年9月15日。自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。森沢明夫の同名小説を、『カミングアウト』、『つむぐもの』の犬童一利監督が映画化したヒューマン・ドラマ。原作者の地元・船橋市を舞台に、市民参加型のご当地映画として製作。脚本は、ドラマ『相棒』シリーズなどを手がける守口悠介。立花明海は、最愛の猫を亡くした空虚感からか、普段は手にしない自己啓発本を古書店で購入する。その本には、栞代わりに元の持ち主の名刺が挟み込んであり、すでに線が引かれたいくつかの文章は、明海が心を動かされたフレーズとみごと合致していた。気になった明海は、名刺の「大滝あかね」に思い切って連絡をとるが・・・。

【キャスト】
金井浩人、池脇千鶴、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美、志田彩良、安藤政信、鈴木卓爾、大津尋葵、成嶋瞳子、菅野莉央、大西礼芳、長内映里香、山本浩司、モロ師岡

映画を見る】【verystream】 【clipwatch】 【vidoza】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m