検察側の罪人

カテゴリ:邦画 タグ:
検察側の罪人

【ストーリー】
劇場公開日、2018年8月24日。『犯人に告ぐ』の雫井脩介の同名ベストセラーを、木村拓哉と二宮和也の主演で映画化したミステリー・サスペンス。『日本のいちばん長い日』、『関ヶ原』の原田眞人監督が、ひとつの殺人事件を巡り、容疑者として浮上した男を自らの正義感からあらゆる手段で追い詰めていくエリート検事と、そんな上司の捜査方針に次第に疑問を抱き始める後輩検事の対立の行方をスリリングに描き出す。都内で発生した殺人事件を担当することになった東京地検刑事部のエリート検事・最上(木村拓哉)と駆け出しの検事・沖野(二宮和也)。最上は複数いる容疑者の中から、すでに時効を迎えた未解決殺人事件の最重要容疑者であった松倉という男に狙いを定め、執拗に追い詰める。最上を師と仰ぐ沖野は、自白を引き出そうと取り調べに力を入れるが、松倉は犯行を否認し続けるばかり。やがて沖野は、最上は松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではと疑問を抱くように。二人の検事は、事件の審理を巡り互いの正義を賭けて対立する・・・。

【キャスト】
木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、大場泰正、谷田歩、酒向芳、矢島健一、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜 、松重豊、山崎努

映画を見る】【openload】 【clipwatch】 【streamango】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング
openload】 【clipwatch】 【streamango