原始獣レプティリカス 冷凍凶獣の惨殺/REPTILICUS

カテゴリ:洋画 タグ:
原始獣レプティリカス 冷凍凶獣の惨殺

【ストーリー】
1961年に製作されたデンマークの怪獣映画。デンマーク唯一の怪獣映画として、同国でカルト的な人気を得ている。別邦題に、『原始獣レプティリカス』(VHS)、『原始獣レプティリカス 冷凍凶獣の惨殺』(DVD)がある。監督は、シドニー・ピンクとポール・バング。ツンドラ地帯の鉱山で採掘作業中に、地中から巨大な動物の体の一部が発見される。科学者が調べた結果、爬虫類と哺乳類の中間の進化段階にある古代生物とわかり、レプティリカスと命名された。肉片はデンマークに運ばれ、培養液に入れられるが、強力な再生能力を持っていたため短時間で巨大怪獣になり、人間を襲って海に姿を消した。海軍が出動して爆雷攻撃を行なう。科学者は、爆発で怪獣の体が破壊されたら再生して多くの個体ができると警告するが・・・。

【キャスト】
パーディタ・ウィークス、ベン・フェルドマン、エドウィン・ホッジ、アリ・マルヤル、エミー・レヴィ、ロジェ・ヴァン・オール

映画を見る】【openload字幕】 【clipwatch字幕】 【ランキング】 【映画ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング