ボヴァリー夫人/MADAME BOVARY

カテゴリ:洋画 タグ:
ボヴァリー夫人

【ストーリー】
劇場公開、2016年7月17日。R15+指定作品。世界文学史に燦然と輝く、文豪フローベールの「不倫小説」の最高傑作が豪華キャスト陣で甦る、禁断の文芸エロス。『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカが大胆な濡れ場に挑む。本作が長編第2作となる女性監督ソフィー・バーセスがメガホンをとった。新宿シネマカリテの特集企画、「カリコレ2016 カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」(16年7月16日~8月19日)上映作品。少女エマは、華やかな結婚生活を夢見て医師チャールズ・ボヴァリーと結婚する。しかし、静かな田舎町での生活と退屈な夫の存在は、次第に彼女の心に暗い影を落としてゆく。やがて、エマは美しい青年レオンに惹かれてゆくが、思いは実ることなく彼は去っていってしまう。再び孤独になったエマは、資産家のマルキと出逢う。エマを気に入ったマルキは、彼女を口説き始め、彼の振る舞いに憧れを抱いたエマはついには体を許してしまい・・・。

GyaO! 配信終了日:2018年12月31日

【キャスト】
ミア・ワシコウスカ、リス・エヴァンス、エズラ・ミラー、ローガン・マーシャル=グリーン、ヘンリー・ロイド=ヒューズ、ローラ・カーマイケル、オリヴィエ・グルメ、ポール・ジアマッティ

映画を見る】 【openload字幕】 【GyaO字幕】 【FC2 Blog Ranking】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m