富美子の足

カテゴリ:邦画 タグ:
富美子の足

【ストーリー】
劇場公開、2018年2月10日。狂っているのは、私か、男たちか。文豪・谷崎潤一郎の短編を3人の映画監督が現代劇として映像化するシリーズ「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」の1作で、魔性の足を持つヒロインと足へのフェティシズムに溺れていく2人の男の運命を描くエロティック・ドラマ。大正8年に発表された谷崎の同名小説を、『桜ノ雨』、『リュウグウノツカイ』のウエダアツシ監督が、片山萌美、でんでん、淵上泰史のキャストで映画化。デリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の美しい足を偏愛する富豪の塚越老人。フィギュア作家である甥の野田に、富美子の足の等身大フィギュアを作らせるが満足できず、富美子の足を理解するために舐めるよう命令するが・・・。

【キャスト】
片山萌美、淵上泰史、でんでん、武藤令子、山田真歩、福山翔大、田村泰二郎

映画を見る】【openload】 【vidoza】 【streamango】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【映画ランキング
eyny.com】 【eyny.com】 【9tsu.com
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m