ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -血の美学-/THE LAST HOUSE ON THE LEFT

ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト ―鮮血の美学―

【ストーリー】
日本劇場未公開作品。ウェス・クレイヴン監督のデビュー作、『鮮血の美学』をセルフプロデュースでリメイクしたバイオレンス・ホラー。医師のジョンと妻のエマ、娘メアリーは、休暇を過ごすために森の別荘を訪れる。メアリーは、町で働く友達ペイジに会いに行くが、それがすべての間違いの始まりだった。ペイジのバイト先にやってきたメアリーは、そこでジャスティンという青年と知り合い、彼に誘われるままペイジと一緒に彼のモーテルへ。そこで突然、ジャスティンの父親と仲間に拉致され、ペイジは殺害、メアリーはレイプされ銃で撃たれ瀕死の状態に。凶悪犯たちが逃げ込んだ先は、皮肉にもジョンの別荘だった。娘に起こった悲劇を未だ知らない両親は、彼らを治療し宿を提供する。だが、瀕死の娘を発見しすべてを知ると、そこから両親の壮絶な復讐が始まった・・・。

【キャスト】
トニー・ゴールドウィン、モニカ・ポッター、サラ・パクストン、スペンサー・トリート・クラーク、マーサ・マックアイサック、ギャレット・ディラハント、アーロン・ポール

映画を見る】【openload吹替え】 【vidoza吹替え】 【streamango吹替え】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【インフォブログ
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m