サラの鍵/ELLE S’APPELAIT SARAH

カテゴリ:洋画 タグ:
サラの鍵

【ストーリー】
劇場公開、2011年12月17日。ただ、伝えたい。決してあなたを忘れなはしないと。『黄色い星の子供たち』でも描かれたヴェルディヴ事件をもとに、あるユダヤ人少女の悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説を、ジル・パケ=ブレネール監督が映画化した社会派ドラマ。夫と娘とパリで暮らすアメリカ人女性記者のジュリアは、ある取材で衝撃的な事実に出会う。夫の祖父母から譲り受けて住んでいるアパートは、かつて、1942年のパリのユダヤ人迫害事件でアウシュビッツに送られたユダヤ人家族が住んでいたというのだった。さらに、その一家の長女、10歳のサラが収容所から逃亡したことを知る。一斉検挙の朝、サラは弟を納戸に隠して鍵をかけた。すぐに戻れると思っていたサラだったが・・・。

【キャスト】
クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン、フレデリック・ピエロ、ミシェル・デュショーソワ

映画を見る】【openload吹替え】 【vidoza吹替え】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【インフォブロ
streamango吹替え】 【ニコニコ字幕
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m