神と人との間

カテゴリ:邦画 タグ:
神と人との間

【ストーリー】
劇場公開、2018年1月27日。近代日本文学を代表する文豪・谷崎潤一郎の短編作品を下地にした現代劇集のうち、『獣道』の内田英治監督が歪んだ三角関係を描いた文芸エロス。谷崎潤一郎の短編を3人の映画監督が現代劇として映像化するシリーズ、「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」の1作。第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品作品。ともに熱帯魚屋で働く朝子に思いを寄せる町医者の穂積と、その親友の漫画家・添田。穂積は、添田に朝子を譲るが、結婚した途端に添田は愛人を作り朝子を虐待、さらに穂積と朝子が不倫をするようけしかける。サディスト化した添田に挑発されながらも、朝子を思い続ける穂積。そんな純愛も、ある事件をきっかけに憎悪に変わっていく・・・。

【キャスト】
渋川清彦、戸次重幸、内田慈、山田キヌヲ、萬歳光恵、根矢涼香

映画を見る】 【openload】 【clipwatch】 【streamango】 【ランキング
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【インフォブログ
eyny.com】 【eyny.com】 【9tsu.com
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m