珈琲時光

カテゴリ:邦画 タグ:
珈琲時光

【ストーリー】
世界的名匠・小津安二郎の生誕100年を記念して製作されたヒューマン・ドラマ。小津を信奉する映画監督のひとり、『悲情城市』、『戯夢人生』のホウ・シャオシェンが、そのオマージュとして、独自の視点で捉えた現代日本の人間模様を静かなタッチで繊細に描く。主演は、映画初出演の歌手・一青窃。 2003年、東京。台湾から戻ったばかりのフリーライター・陽子は、神保町の古書店の物静かな二代目主人・肇のもとを訪ねた。2人は陽子が資料探しのため古書街へ足を運んでいたことがきっかけで親しくなり、しばしば喫茶店で珈琲を飲みながら穏やかな時間を共有している。陽子は幼い頃、両親が離婚してしまったため、北海道に住む目の不自由な親戚に育てられた。今では、実父と継母とも良い関係を築いている。そんなある日、彼女はお盆で久々に高崎の実家へ戻った際、突然両親に自分が妊娠していることを告げるのだった・・・。

【キャスト】
一青窈、浅野忠信、萩原聖人、余貴美子、小林稔侍

映画を見る】 【openload】 【vidoza】 【streamango】 【人気ブログランキング
動画を見る】 【ランキングを確認】 【FC2 Blog Ranking】 【インフォブログ
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m