遥かなる走路

カテゴリ:邦画 タグ:
遙かなる走路

【ストーリー】
世界のトップ企業、トヨタ自動車誕生の真実とは? 現在のトヨタ自動車を築いた豊田喜一郎の、自動車を作りだすまでの苦闘の人生を描くドラマ。木本正次の原作『夜明けへの挑戦』の映画化で、脚本は、『地震列島』の新藤兼人、監督は、『甦れ魔女』の佐藤純彌。明治26年、アメリカで最初の自動車が完成した。その頃、静岡県浜名郡の豊田佐吉は、借金をしながら織機の発明に取り組んでいた。翌年、佐吉の妻・たみは、喜一郎を産むが、発明に夢中の夫から離れ、兄に連れられ実家に戻った。明治30年、佐吉は織機を完成後、妻の浅子の顔も爽やかだった。数年の歳月が流れた。喜一郎は帝大に入り、妹・愛子の婿養子・児玉利三郎が会社の経営に専念する。その頃から、喜一郎は、密かに自動車の運転を習い研究を始めた。暫くして、喜一郎は二十子と見合い結婚する。佐吉の自動織機は、世界の頂点をゆく完成度を示し、会社は順風満帆だったのだが・・・。

【キャスト】
市川染五郎、田村高廣、米倉斉加年、岩崎加根子、司葉子、中野良子、白都真理

映画を見る】【FC2動画1/2】 【2/2】 【ランキング】 【人気ブログランキング
動画を見る】 【映画ランキング】 【FC2 Blog Ranking