ザ・ウォード 監禁病棟/JOHN CARPENTER’S THE WARD

ザ・ウォード 監禁病棟

【ストーリー】
劇場公開、2011年9月17日。鬼才ジョン・カーペンター監督が、『ゴースト・オブ・マーズ』(2001)以来、約10年ぶりに長編劇場映画のメガホンをとったサイコ・ホラー。身に覚えのない罪で精神病棟に隔離されたヒロインが味わう恐怖を、緊迫感あふれるタッチで描く。放火の罪で、監禁病棟へと送られたクリステン。そこには、同じような境遇の少女が4人。担当医のカウンセリングを受けた結果、クリステンはほとんどの記憶を失っていることに気づく。不安を抱えたまま迎えた夜、クリステンは病棟の廊下を歩くおぞましい顔をした少女の姿を目撃する。この病棟には、看護師でもなく患者でもない何か別の存在がいる。そして、1人ずつ消えていく少女たち。クリステンは必死の思いで病棟から脱出を試みるが、やがて彼女自身想像し得なかった恐ろしいまでの真実に直面する・・・。

【キャスト】
アンバー・ハード、メイミー・ガマー、ダニエル・パナベイカー、ローラ=リー、リンジー・フォンセカ、ミカ・ブーレム、ジャレッド・ハリス

映画を見る】 【openload字幕】 【streamango字幕】 【インフォブログ
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【ランキング
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m