華魁(おいらん)

カテゴリ:邦画 タグ:
華魁(おいらん)

【ストーリー】
この軟弱の時代に、日本映画史上最も過激な映画作家が挑発する! 谷崎潤一郎の『人面疽』に原作を求めた絢爛たる官能エロス。R18+指定作品。長崎の遊廓を舞台に、しがない絵草紙売りの男と恋におちる華魁の姿を描く。監督・脚本は、『白日夢(1981)』の武智鉄二。明治中期、長崎の遊廓。華魁と呼ばれ、揚羽太夫と人気を二分する菖蒲太夫は、絵草紙を売っている青年、喜助と恋に落ちている。ある夜、肌のきれいな女を求めて廓にやって来た刺青師の清吉は、相手をした女郎、美代野に魅せられ、クロロホルムで彼女を失神させると、全身に蜘蛛の刺青を彫った。刺青が評判を呼び、美代野は地獄太夫という華魁に出世する。一方、清吉は風呂場でチラッと見た菖蒲太夫の肌に魅せられていた。その頃、絵草紙を売っていることが見つかり・・・。

【キャスト】
親王塚貴子、夕崎碧、梓こずえ、川口小枝、真柴さとし、伊藤高、殿山泰司

映画を見る】【mega3x】 【ランキング】 【FC2 Blog Ranking
動画を見る】 【人気ブログランキング】 【映画ランキング