アデル、ブルーは熱い色/BLUE IS THE WARMEST COLOR

カテゴリ:洋画 タグ:
アデル、ブルーは熱い色

【ストーリー】
劇場公開、2014年4月5日。R18+指定作品。あの時から、生きることは歓びになった。2013年・第66回カンヌ国際映画祭で、みごとパルムドールに輝いた女性同士のラブ・ストーリー。フランスの人気コミック(『ブルーは熱い色』DU BOOKS刊)を原作に、『身をかわして』、『クスクス粒の秘密』などで注目を集めたフランスの新たな才能アブデラティフ・ケシシュ監督が、青い髪をした年上の女性と出会い、レズビアンに目覚めていくヒロイン、アデルの情熱的な愛の人生を描く。作品のテーマとともに、その赤裸々な性愛描写が物議を醸した問題作。高校生のアデルには、上級生の恋人トマがいたが、満たされぬものを感じていた。そんな時、髪をブルーに染めた女性とすれ違い、心奪われる。すぐに、トマに別れを告げたアデル。ある夜、偶然入ったバーであの青い髪の女性と再会。彼女の名は、エマ。年上の美大生だった。知的で洗練されたエマに、急速に惹かれていくアデル。ほどなく、互いに心だけでなく肉体も激しく求め合うようになる2人だが・・・。

【キャスト】
アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥ、サリム・ケシュシュ、モナ・ヴァルラヴェン、ジェレミー・ラウールト、アルマ・ホドロフスキー、バンジャマン・シクスー

映画を見る】【openload字幕】 【estream字幕】 【映画ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【人気ブログランキング】 【ランキング
openload字幕】 ※ openload、estream :(字幕:CCでjpを選択)