新宿泥棒日記

カテゴリ:邦画 タグ:
新宿泥棒日記

【ストーリー】
大島渚が脚本・監督・編集を手がけ、60年代末の不穏な空気に満ちた新宿の諸相を、即興とドキュメンタリズムで猥雑かつアクチュアルにとらえた青春ドラマ。脚本は大島の他、田村孟、佐々木守、足立正生が共同で執筆した。俳優や学者、演出家、会社社長などが実名で登場。新宿の紀伊國屋書店で、ひとりの学生が万引きでつかまった。店員のウメ子は、犯人の鳥男を田辺茂一社長の前に突き出すが、社長は鳥男を許すばかりか金まで与えた。鳥男と関係を持ったウメ子は、むなしさからスナックで大暴れしてしまう。留置場に迎えに来た田辺社長に連れられ、鳥男とウメ子は性科学権威の高橋鉄や俳優の佐藤慶、渡辺文雄、戸浦六宏に次々と会った。鳥男は、唐十郎の状況劇場を訪れ、別の人間にしてくれと頼むのだった・・・。

【キャスト】
横尾忠則、横山リエ、佐藤慶、渡辺文雄、戸浦六宏、唐十郎、田辺茂一、高橋鐡

映画を見る】【bilibili.com】 【ランキング】 【人気ブログランキング
動画を見る】 【映画ランキング】 【FC2 Blog Ranking