ラストデイズ・オブ・ザ・ワールド EPISODE1/THE DAY OF THE TRIFFIDS

カテゴリ:洋画 タグ:
ラストデイズ・オブ・ザ・ワールド EPISODE1

【ストーリー】
2009年、イギリス・カナダ製作のTVM作品。総製作費15億円、SFパニックの古典的傑作、ジョン・ウィンダム原作の『トリフィド時代 食人植物の恐怖』をニック・コパス監督が完全映像化。太陽風現象という世紀の天体ショーを見た人類の大半が盲目となり、世界はパニックに陥った。遺伝子操作により開発され、石油に代わるエネルギー源となる肉食性植物トリフィドは、制御を失い餌である人間を襲い始める。その頃ロンドンでは、失明を免れ生き残った人々が過酷なサバイバルに挑もうとしていた。世界は暴力が支配する地獄と化し、社会秩序は完全に崩壊。新世界の独裁者になろうともくろむ者も出現。しかし、その間にもトリフィドが侵略、犠牲者は増大してゆく。トリフィドの研究者であるメイスンは、トリフィドが知性を持つという驚愕の事実を知り、品種改良により繁殖能力を持たない新種を誕生させ、トリフィドを根絶やしにする計画を立案するが・・・。

GyaO! 配信終了日:2016年3月24日

【キャスト】
ブライアン・コックス、ジョエリー・リチャードソン、ダグレイ・スコット、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、エディ・イザード、ジェイソン・プリーストリー、ユエン・ブレムナー

映画を見る】 【GyaO字幕】 【人気ブログランキング】 【ランキング
動画を見る】 【FC2 Blog Ranking】 【インフォブログランキング
ランキングに投票する ←1日1回投票お願いしますm(_ _)m